観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鮭のまちのものがたり 村上で10―12月にイベント

11月11日は「鮭の日」 冬に出現「鮭塩引き街道」

新潟県最北部、名勝笹川流れを挟んで山形県と接する村上市。城下町の風情が残り、まち歩きが魅力の中心街と、開湯110年を超える瀬波温泉という海浜リゾートの2つの観光の顔を持つ。

村上観光の秋の主役は鮭。10月から12月上旬にかけて、市内を流れる三面川や大川に鮭が遡上するのに合わせ「越後村上鮭ものがたり」と題して、鮭関連のイベントが12月下旬まで続く。村上では、平安の昔から鮭が特産として知られ、世界に誇る鮭文化を築いてきた。世界で初めて鮭の回帰性が発見され、世界初の自然ふ化による増殖が行われたのも村上。

10月には三面川での伝統漁法の見学、11月11日は、鮭の字が魚偏に十一十一と読めることから村上では「鮭の日」。市内の神社では鮭魂祭が行われる。

冬に入ると12月1―20日は塩引きした鮭を軒下に吊るし、往時の街道風景を再現する「越後鮭塩引き街道」が町屋街に出現する。塩引きした鮭を寒風にさらす昔からの加工法で、約300メートルにわたって、軒下に鮭が下がる。ここでしか見られない冬の風物詩だ。

越後鮭塩引き街道

「越後鮭塩引き街道」

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
冬は北近畿の季節まんぷく紀行へ

本格的な冬が到来。とくれば、旅の興味は冬の味覚の王者・カニに集中する。京都府・兵庫県北部の北近...

実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ