観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

天橋立の二大景観地で食の挑戦続ける2店 橋立大丸

天橋立立ち寄りの定番 地元の食をふんだんに

橋立大丸は、食事処と土産店を備えたドライブイン。1908年に創業、1世紀以上天橋立の観光客を出迎えてきた。「飛龍観」の文珠地区、「昇龍観」の府中地区という2大景観スポットで多くの人の支持を集め続けている。

文珠地区の文殊堂門前通りに本店、府中地区にはシーサイドセンター。両店とも丹後の旅の思い出となる逸品がずらりと並ぶ。食事処では海の幸を中心に、料理人たちがアイデアを出し合いながら常に挑戦を続ける。その努力の結晶となる料理を個人、団体客に提供。個人向けに「ばんばらこ丼」やブリ丼、団体には各種御膳や寿司、カニ、ステーキなどの食べ放題メニューを用意する。

両店とも近年、利便性、快適性の向上を図ろうと、食事処のバリアフリー対応に注力。本店では2階を和モダンの落ち着いた空間にして、和風イス席92席、グループ席12席、2階広間を座敷からイス・テーブル席に変更、個室イス席にも対応している。

シーサイドセンターでは2階レストランは250席全席がイス・テーブル席。1階ビューホール300席、同レストラン100席とあわせて施設全体で650人が収容できる。自慢の庭園と天橋立、阿蘇海の光景も魅力。テラス席ではペット同伴も可能だ。

北近畿丹後宮津 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ