観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

四国4県は19年も話題豊富

4県独自のビッグイベント並ぶ

四国は今も、そして今後も観光のトピックが目白押しだ。2019年も天災に負けない観光のパワーが充満している。

香川県は「旅は、別腹。大人うどん県」でこれまでと一味違ったブランディング戦略を展開。「瀬戸内国際芸術祭」が4月26日から帰ってくるのも大きなトピックだ。

徳島県はウェブサイトやSNSを使った「徳島あるでないで」キャンペーンを3月末まで実施中。フードツーリズム「たべたび徳島」もプッシュしている。

愛媛県は、道後温泉本館が1月15日から保存修復工事に入るが、入浴は可能。これを機に「再生」をテーマに新しいまちづくりを展開。東予東部エリアでは4月20日から「えひめさんさん物語」も。

高知県は「志国高知幕末維新博」が1月末で閉幕し、「自然・体験」をテーマにした新たなキャンペーンがスタート。7月からは嶺北エリアで「土佐れいほく博」が開催される。

四国香川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ