観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

栗林公園秋のライトアップ 11月23日―12月3日

国名勝庭園が色鮮やか、幻想的に

国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さを持つ栗林公園の秋のライトアップが11月23日から12月3日まで行われる。

紅葉の季節にはタカオモミジが多く植えられた園内南庭が色鮮やかになり、赤く色づいたモミジが湖面に映る光景は圧巻。ライトアップの期間中、和船が南国湖周遊の夜間運航を行う。

栗林公園

国特別名勝指定の庭園と
紅葉が幽玄の美を演出

同園は松の緑が濃い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を巧みに配した江戸時代初期の回遊式大名庭園。春の梅や桜、夏の花菖蒲、秋の楓、冬の椿と四季折々の景観を楽しめることから、一歩一景といわれる。

2012年から広さ7980平方メートルの南湖で和船の運航を始めた。船頭の解説を聞きながら水面から庭園を眺めることができる。所要時間は30分。要予約。

入場料は大人410円、小人170円。和船乗船料は大人610円、小人300円。夜間運航では小学生以上は保護者の同伴が必要。

四国香川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ