観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「ふろっ酒」で美肌に 新潟旅館青年部企画

10温泉18旅館で

「にいがた朝ごはん」「にいがた地酒の宿」「にいがた女将の旅館街スイーツめぐり」に続く第4の企画として新潟県旅館組合青年部が「にいがたふろっ酒」プランに取り組んでいる。

女性客をターゲットにした企画で、毎月26日(フロの日)に酒風呂「ふろっ酒」を行っている。県内10の温泉地の18の旅館が行っている。

温泉と日本酒風呂の組み合わせは、酒杜氏の手がキレイだったことから発案した。

お風呂に入れるのは酒風呂専用日本酒。通常の日本酒よりアミノ酸が5倍ほど多く美肌や新陳代謝を促進する効果がアップするという。お風呂に決められた量を入れることで匂いが抑えられ、日本酒の匂いの苦手な人や子どもも安心して入浴できる。

大浴場とは別に、露天風呂付き客室に入浴用の日本酒をペットボトルで置いている旅館や、地元酒蔵と共同で酒粕パックを開発し、女性用大浴場で使ってもらう試みも始まっている。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ