観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

冬の味覚の王者・松葉ガニが丹後・但馬に降り立った 旅館でフルコースを

浜坂、津居山、間人 ブランドガニを城崎・湯村・天橋立で

北近畿のカニシーズンは11月6日の漁解禁と同時に開幕した。北近畿で味わえるのは、山陰沖で漁獲される一大ブランド・松葉ガニ。きめ細やかで輝く白い身に濃厚な旨みを凝縮した冬の味覚の王者だ。この時期、兵庫県城崎温泉、湯村温泉、京都府宮津天橋立といった宿泊拠点には新鮮なカニ料理を食べようと毎年、ファミリーやグループ客が押し寄せ、一年で一番の観光期に。カニどころ・北近畿の実力に触れるには最適の季節がやってきた。

兵庫県但馬地方では山陰沖沿岸地域一帯でカニが水揚げされる。新温泉町・浜坂港は日本有数の松葉ガニの水揚げ量を誇り、「カニ元」を宣言しているほどのカニのまち。浜坂港では熟練の目利きが選び抜いた最上級のカニを青色のタグでブランド化している。湯村温泉へはこのカニが直送され、新鮮な旨みが味わえる。

城崎温泉では近隣の津居山漁港のブランドガニ「津居山ガニ」が待つ。水揚げされて間もない新鮮なカニが旅館ホテルで堪能できる。外湯めぐりとあわせて温もりに満ちた冬の旅を楽しもう。

松葉ガニ

高品質の松葉ガニには水揚げ漁港ごとにタグを
つけブランド化。その美味さは推して知るべし

京都府丹後地方では間人(たいざ)や宮津、舞鶴港で水揚げ。漁は夜に各港を出港、翌朝には戻るため鮮度は抜群だ。水揚げ後は高品質のものが選び抜かれ、各港でブランドガニが誕生。天橋立や夕日ヶ浦温泉などの旅館ホテルに直送される。

松葉ガニは素材そのものの美味しさを味わうことが一番なので、ゆで、焼き、蒸しと単純な調理法が定番。殻をむくと現れる繊細な白い身にうっとりしたら、口の中へ。噛めばほどよい弾力を感じながら濃厚な旨味、独特なコクに心を奪われる。

各宿では、カニをフルコースで提供。ゆで、焼き、蒸し、そしてカニすきを皆でつつき合うのがお決まりの風景だ。皆がカニを食べるのに一心不乱、無言になってしまうという空間は北近畿の風物詩と言ってもいい。

オプションとしてカニ味噌や甲羅酒、カニの天ぷらなどがプラスアルファの喜びを提供。最後はカニすきで旨味が凝縮された雑炊でしめれば、満足度は最高潮に達する。

松葉ガニシーズンは漁が終了となる3月ごろまで。新鮮な旨味は現地でこそ味わいたい。

北近畿但馬丹後 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ