観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

現代アートと古湯の伝統を融合 道後オンセナート、温泉街や宿に多彩な作品

テーマは「いきるよろこび」 23年2月26日のまで

愛媛県道後温泉で4月から、アートプロジェクト「道後オンセナート2022」が開かれている。温泉街や旅館ホテルを舞台に、現代アートと古湯の伝統を融合し道後の新たな魅力を発信しようというもので、数々のアート作品が道後を彩る。23年2月26日のフィナーレまで、来訪者に「温泉アートエンターテインメント」を体感してもらう。

14年に道後温泉本館の改築120年を機に初めて開催。温泉にアートを組み合わせ、新しい道後の魅力を創出、温泉の回遊性を向上させようと始まった。今回は道後温泉本館の保存修理後期工事期間中に進められている「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」(主催・未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会)の一環で開かれている。

テーマは「いきるよろこび」。「オンセナートコレクション」と題して、国内外で活躍する多彩なアーティストによる「いきるよろこび」をテーマにした作品を温泉街各所や旅館ホテルに展示している。道後温泉本館を覆う素屋根テント幕を世界的美術家の大竹伸朗さんのデザインで装飾した「熱景/NETSU―KEI」はもはや現在の道後のシンボル感さえ漂う。道後観光案内所横にある市原えつこさんの「神縁ポータル」はデジタルで工作された絵馬や提灯などが吊られ、「神縁スポット」を案内する“おみくじ”も。道後温泉第4分湯場を彩った力石咲さんの「道後温泉系」、道後公園武家屋敷では詩人・谷川俊太郎さんの「くるくるミラクル」など、多彩な作品がまちのそこかしこに。

熱景

道後温泉本館を覆う素屋根テント幕に
大竹伸朗さんがデザインした
「熱景/NETSU―KEI」

俳人やミュージシャンらによる企画「マチコトバ」も。まち全体を詩集として句や文章など思いを込め選んだ言葉を路地裏や建物の壁面などに表現している。上人坂には俳人・夏井いつきさん、道後プリンスホテルの足湯や宝厳寺にはロックバンド・SUPER BEAVERの言葉が展示されている。旅館ホテルではホテル古湧園 遥に三浦亜美さん、永本冬森さん、カニエ・ナハさん、道後hakuroには桃江メロンさんの言葉が。

そのほか、蜷川実花さんのインスタレーション作品が施された道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 中庭「ハダカヒロバ」や上人坂などではイベントを開催。「週末道後座」と題して数々のアーティストが登場している。

オンセナート開催にあわせ、道後・松山周辺をめぐるモデルコースも提案。道後でのアート旅から地元の偉人ゆかりの地めぐり、しまなみ海道など幅広く地域の魅力をたどる旅を紹介している。

愛媛県 旅のおすすめサイト

道後プリンスホテル

道後プリンスホテル【道後温泉】


ホテル古湧園

ホテル古湧園 遥【道後温泉】


宝荘グループ

宝荘グループ【道後温泉】


道後舘

道後舘【道後温泉】


大和屋本店

大和屋本店【道後温泉】

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ