観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

持続可能な旅行先へ「四国ブランド」最先端・愛媛編

持続可能な旅行先へ「四国ブランド」最先端・愛媛編

「Shikokuブランド」の確立へ―。四国ツーリズム創造機構や四国内の市町村やDMO17団体が参画した「四国『持続可能な観光』推進ネットワーク」が7月、設立された。四国内各所が手を取り合い、新しい、そして次代へつながる観光地四国構築を目指すものだが、四国内各地でも次代を見据えた観光まちづくりが進む。サステナブルな時代をまい進する四国で懐かしくも最先端の旅へ出かけよう。4県それぞれの旬を紹介する特集のラストは愛媛編。

熱景

現代アートと古湯の伝統を融合 道後オンセナート、温泉街や宿に多彩な作品

22/11/09

テーマは「いきるよろこび」 23年2月26日のまで 愛媛県道後温泉で4月から、アートプロジェクト「道後オンセナート2022」が開かれている。温泉街や旅館ホテルを舞台に、現代アートと古湯の伝統を融合し道後の新たな魅力を発信しようというも...

圓満寺

道後温泉開運めぐり 女子旅目的に高支持

22/11/09

圓満寺などでご利益を アイテムも豊富 愛媛県道後温泉では、地域資源を生かした様々なまちおこしプロジェクトが展開されているが、「道後温泉開運めぐり」もそのひとつ。開運や恋愛をテーマに神社仏閣をめぐり、日本最古の温泉・道後で得られる“運”...

道後プリンスホテル

長期滞在化へDMCに挑戦 道後プリンスホテル、観光庁公募で四国唯一

22/11/09

「道後×しまなみ周遊滞在促進誘客ビジネスモデル」 観光庁が全国の宿泊施設を対象に実施した公募事業で、道後プリンスホテルの提案がこのほど、四国で唯一採択された。事業は「新たなビジネス手法の導入による宿泊業を核とした旅行サービスの提供促進...

究極の「ハレの日」 大和屋本店、ミシュラン店とタッグ企画/道後温泉

22/11/09

「究極のすき焼きコース」 道後温泉の大和屋本店では、宿泊プラン「究極のすき焼きコース」を設定している。旅行を「ハレの日」と捉え、ミシュランガイド掲載店シェフとコラボしたこだわりのすき焼きを提供。創業150年の老舗旅館が次の100年を見...

華ひめ楼

お座敷遊び気軽に体験 華ひめ楼/道後温泉

22/11/09

道後で唯一の存在 道後温泉本館に近いお茶屋「華ひめ楼」。古民家を改修した建物で、道後で唯一お座敷文化が体験できる。これまで限られた人だけのものだったが「誰でも気軽にお座敷遊びが楽しめるお茶屋」としてアピールする。 体験は、2階の...

今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ