観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

安来の新たな“顔”に どじょうすくい出迎え隊、JRから表彰/安来

毎週日曜日、JR安来駅で出迎え活動

JR安来駅で毎週日曜日、民謡・安来節どじょうすくい踊りのいでたちで乗客を出迎える「安来駅どじょうすくい出迎え隊」がこのほど、JR西日本米子支社から感謝盾を贈られた。

出迎え隊は、市内の温泉施設・夢ランドしらさぎの上田信也総支配人が隊長を務め、2018年2月の結成以来、毎週日曜日の午前に欠かさず活動を続けている。

現在は市民有志ら15人で構成。観光列車「あめつち」や特急「サンライズ出雲」などの到着時間に合わせて駅ホームに立ち、記念撮影に応じるなど乗客との交流を深めている。

安来駅の清水久年駅長は「自発的に有志で乗客を出迎える駅はなかなかない。感謝したい」と活動を評価している。

また、同隊に最年少の2歳で参加する渡部未希永(みきと)ちゃんも連日参加。絣(かすり)の衣装と豆絞りの格好が愛くるしいうえ、どじょうすくい踊りも巧みで乗客の人気者に。地元マスコミに大きく取り上げられるなど、安来市のPRに貢献している。

安来駅どじょうすくい出迎え隊

安来駅どじょうすくい出迎え隊一行と
清水駅長らで記念撮影

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ