観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

隠岐世界ジオパークを深く体感する(1) 「おき得乗船券」で行こう!

本土―隠岐往復乗船券 多彩な観光体験もセット

「おき得乗船券」は隠岐観光協会が昨年に続き設定したもので、利用期間は9月1日―10月31日に限定販売。

(1)本土―隠岐間を往復フェリー(2等)利用する乗船券(2)往路は超高速船レインボージェット・復路はフェリー(2等)利用する乗船券の2種類があります。

大人乗船券の場合、(1)は4千円分、(2)は5500円分の観光体験利用券がつく(子どもは半額)。観光体験利用券をフルで使うと、隠岐航路の往復が半額以下になり、最大で3500円~5千円のメリットに。

おき得乗船券に合わせて設定されている観光体験は、国賀海岸やローソク島、赤壁など隠岐の壮大な自然を楽しめる遊覧船や世界ジオパークを巡るツアー、シーカヤックなどのマリンレジャー、創作体験など46種類。多彩な体験メニューの中から自由に選ぶことができます。

おき得乗船券

「おき得乗船券」のチラシ

これまで、おき得乗船券は秋のみの設定でしたが、今年から5月10日—7月12日の期間も販売されていました。乗船が割安な上、隠岐を満喫する観光体験が豊富に用意されていることから、利用客にはたいへん好評だったそうです。

おき得乗船券は、利用日の3日前までの事前予約限定。隠岐汽船観光課 電話08512―2―1122へ電話、もしくは隠岐汽船ウェブサイトで予約を受け付けています。支払いは、乗船当日に隠岐汽船の七類・境営業所で。観光体験の予約申し込みは利用者本人が行うことになっています。

購入者にはチケットが入るオリジナルジップケースが付きます。

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ