観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

高原のアウトドアを満喫 駒ヶ根キャンプセンター、充実の施設と設備

夏はもちろんオフシーズンにも多様な利用方法

駒ヶ岳がそびえたち、高原特有の爽やかさを感じられる駒ヶ根市。それを全身で味わうなら、アウトドアがおすすめだ。駒ヶ根高原内に位置する「駒ヶ根キャンプセンター」は、充実のコテージ群を有するアウトドアスポット。夏の涼から秋の紅葉まで、雄大な自然のなかに身を浸したい。

同センターは、中央道・駒ヶ根ICから車で3分。コテージは定員6人で10棟。1階はリビングと寝室各7畳、2階に9畳のロフトを備える。キッチン用品やテレビ、アメニティなども充実。オール天候型バーベキュー施設も隣接し、気軽にアウトドアが楽しめる。

ほかにも、10人用・5人用の常設テントが5張ずつあるが、同センターの人気施設が「ツリーハウス」。高床の三角屋根の客室空間が広がる構造は、その名の通り、まるで木の上で寝泊まりするよう。ハウスの下の空間にはテーブル・ベンチセットが設置されており、バーベキューを楽しむことも。定員は5人。

駒ヶ根キャンプセンター

木の上で寝泊まりする気分に浸れる
人気施設の「ツリーハウス」

アウトドラライフを安心、快適にしてくれるのが木造管理棟。信州最大規模の大きさで、キャンプ用品の貸出や調味料の販売などにも応じる。

これから迎える夏、7―8月が最大のオンシーズンとなり、例年、ファミリー、グループ利用で賑わう。ただ同センターでは「4―11月の営業期間中、夏以外のオフシーズンの利用にも目を向けてほしい」と訴える。

例えば、冠婚葬祭時の親せきや友人の宿泊利用、都会からのプチロングステイ、グループ旅行でのベースキャンプ、企業レクリエーションなど。木造管理棟には約100畳・200人収容可能な多目的ホールも備えており研修などにも対応できる。大規模なコテージ群を備えているからこそ、オフシーズンの使い方を提案できるのだ。

周辺には観光拠点施設「駒ヶ根ファームス」や早太郎温泉郷、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ、光前寺など駒ヶ根の魅力が集中。長期滞在で幅広い楽しみ方ができるのもいい。そばを流れる太田切川での川遊びも人気。同センターでは10月下旬―11月上旬、太田切川を渡る形で紅葉を楽しむミニウオーキングツアーも企画している。

信州 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ