観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

田舎の“ごっつぉ”体験 村上と関川で11月に

囲炉裏端で郷土食を

村上市と関川村で11月1―12日、郷土食博覧会「いなかご馳走(ごっつぉ)まつり」が開かれる。郷土料理の豊かさを趣のある食事処で体験してもらう。

食事会場となるのは村上市内の「またぎの家」や、関川村の東桂苑など7カ所。またぎの家は、奥三面地区にあった築150年の茅葺き屋根民家を文化遺産として移築したもの。囲炉裏が郷土食を引き立てる。11月3、4、5、8、12日の会場で定員は40人。

いなかご馳走まつり

囲炉裏端で郷土料理を味わう

関川村で食事会場となる東桂苑は、国指定重要文化財「渡邉邸」主人の分家にあたる渡邉家の邸宅で、渡邉邸に隣接する。

こちらは11月1日の1日だけの会場。料理はおこわ、じゃがいものしわ煮、鮭料理などが並ぶ「関川秋のふるさと御膳」。定員は30人。

各会場とも昼食プランの設定で料金は1500円から2500円。いずれも予約が必要。

問い合わせは、NPO都岐沙羅パートナーズセンター 電話0254―72―0663まで。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ