観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

賢島駅に「サミット記念館」 調度品や贈呈品などを展示

オバマ・米前大統領が植樹に使ったスコップも

昨年、開催された伊勢志摩サミットを記念して今年5月、近鉄賢島駅2階に伊勢志摩サミット記念館「サミエール」がオープンした。

サミットの資産を次世代に引き継ぐ拠点として、伊勢志摩サミット三重県民会議が設置したもので、尾鷲ヒノキの円卓などサミットで使用された調度品などを展示。各国首脳への贈呈品やアメリカのオバマ前大統領が植樹に使ったスコップなど、貴重な品を約40点見ることができる。

パネルや写真などでサミット当日の概要も紹介し、三重県の魅力を紹介するコーナーも設けられている。併設する「カフェ サミエール」では首脳に振る舞われた地酒などの飲料やG7各国の食材を使った「サミットドリア」などサミットに関連したメニューを用意している。

記念館の開館時間は9―17時。入館は無料。年中無休。

三重伊勢志摩 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ