観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

食の宝島・壱岐 新鮮な「島の味」を味わう

ウニや壱岐牛に舌鼓

四方を海に囲まれた壱岐は当然のことながら海の幸の宝庫。加えて肥沃な大地が田畑の旨味も提供してくれる〝食の宝島〟だ。新鮮な「島の
味」は持ち帰りができない。現地でこその喜びを舌に心に味わおう。

壱岐の食文化のなかでも特徴的なのは、海女文化。古くから活躍する海女、海士は今も全島で300人以上おり、ウニやアワビ、サザエといった高級食材を4―10月の間に水揚げする。

特に、いの一番に挙げたいのがウニ。4―6月にはムラサキウニが、7―10月にはアカウニが旬を迎え、この時期に味わえる「生ウニ」は多くのファンを抱える人気者だ。

熱々のごはんに生ウニをこれでもかと乗せた「ウニぼっかけ」も壱岐の食の代表的存在。海女の豊漁祈願でお供えしていた料理が由来の炊き込みごはん「ウニめし」、「生ウニパスタ」などでもその旨みを楽しめる。ウニと味噌を混ぜ合わせた幻の珍味「がぜみそ」はここだけのお土産。

ウニぼっかけ

生ウニを豪快に乗せた「ウニぼっかけ」

ほかにも海の幸は四季折々。春夏には脂の乗ったヒラマサが食通の舌をうならせる。6―10月はケンサキイカ。透き通る身には独特な甘みと濃厚な旨みが凝縮。冬は一般的にはカサゴと呼ばれるアラカブが一年の中でも一番旨みがあり、味噌汁で壱岐流の味わいを提供する。これら魚介は握り寿司や刺身で新鮮な味わいを楽しめるほか、サザエは丼としても名物。

田畑の幸の代表格は壱岐牛。全国のブランド牛の元牛としても知られ、潮風を浴びたミネラル豊富な牧草を食べて上質な肉を蓄える。見事なサシの入った肉は濃厚な旨みと上品な甘みが特徴。ステーキや炙り焼き、壱岐牛バーガーなどで豪快に味わおう。地鶏のダシで食べる鍋「ひきとおし」も壱岐の名物。

壱岐牛

壱岐牛

2―10月はアスパラガス、夏はアールスメロン、秋は米、1―5月はイチゴと一年を通して収穫される野菜や果物も旅に季節感という彩りを添えてくれる。なかでもアスパラガスは代表的な存在で、新鮮なら生食も可能な、食卓の人気食材だ。

お土産には16世紀から伝わる麦焼酎「壱岐焼酎」や海塩、古代米などここだけの逸品が並ぶ。銘菓「かす巻」は壱岐のソウルスイーツ。

長崎壱岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ