観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

神社や川海にスポット 壱岐の着地型観光メニュー

ガイドツアーや壱岐神楽も

歴史、文化、自然、食。地域固有の魅力に彩られた壱岐では、そのすべてをフル活用して着地型観光メニューが用意されている。

壱岐の文化の中心に座る「神社」にスポットを当てた「壱岐島四十二社巡り」は、地域を古くから見守り続けてきた42の神社への旅を紹介するガイドブック。島内各港などでの電動自転車レンタル「壱岐ちゃり」(利用料半日1千円から)やレンタカー、徒歩で巡るコースを提案している。

壱岐ちゃり

「壱岐ちゃり」を使って島内を自由に周遊

島内の名所ではガイドツアー。「壱岐のモンサンミッシェル」こと小島神社では宮司と、月讀神社のある国分地域や原の辻遺跡・王都復元公園、勝本港、壱岐古墳群などでは地域ガイドと散策できる。

古事記や日本書記の物語を伝える伝統芸能「壱岐神楽」の夜公演はツアー商品や団体旅行に提案。来年3月末までは鑑賞補助金も用意しており、利用を勧めている。

壱岐神楽

壱岐神楽

自然体験は「水」がテーマ。勝本沖に浮かぶ無人島・辰ノ島へのクルーズは3―11月、周遊クルーズ船で海の宮殿やマンモス岩、さざえ岩のほか、断崖絶壁・蛇ヶ岩など、美しい海と迫力ある自然景観を求めてのクルージングが楽しめる。

原の辻遺跡と内海湾をつなぐ幡鉾川ではシーカヤック。満潮時には小島神社の鳥居をくぐれるなど古代航路を体験する。壱岐イルカパークではイルカたちへのエサやり体験も。

壱岐島内192の店舗で使える電子マネー「しまとく通貨」を使えばお得に壱岐観光が楽しめる。1セット6千円分の通貨を5千円で販売。旅行商品タイアップ手数料も設定している。

問い合わせは、壱岐観光全般は壱岐市観光連盟 電話0920―47―3700、しまとく通貨に関しては、しま共通地域通貨発行委員会 電話0570―039―402。

長崎壱岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ