観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

小豆島ふるさと村で“風土”ツーリズム 秋冬は収穫とクラフト体験

島内観光は「豆モビ」で

小豆島町の小豆島ふるさと村は、宿泊施設やキャンプ場、スポーツ施設など付帯施設を備えており、家族やグループに加え、団体の体験学習の地として存在感を放っている。なかでも充実した体験メニューが大きな魅力。自然、伝統文化など多彩な体験を通して、小豆島の風土を全身で感じたい。

これからの秋冬は収穫体験やクラフト体験が軸になる。12月15日からは「いちご園」が開園予定。ハウス3棟で約1万本の苗を栽培しており、フレッシュなイチゴを自分で収穫、30分間の食べ放題が楽しめる。

小豆島ふるさと村

12月15日から開園する「いちご園」で
新鮮なイチゴ狩りを楽しめる

クラフト体験は、オリーブクラフトや手打ちうどん教室など手作り体験メニューも豊富で、小豆島・香川の文化に触れられる。

道の駅夢工房では12月29日から年明けにかけて、年末年始イベントを開催。クラフト体験や年明けうどん、餅つき体験など正月を祝う特別な体験を実施する。

また、同村を起点にスローな小豆島観光へ繰り出せるのもいい。レンタカーやレンタサイクルを備えるほか、定員2人の電気自動車「豆モビ」を活用したい。「豆モビ」は軽自動車より小回りが利いて環境にもやさしく、気軽に乗りこなせるのが特徴。オリーブ公園や二十四の瞳映画村、エンジェルロード、中山の千枚田あたりまで繰り出せる。

料金は4320円。12月26日―1月6日は年末年始の割引キャンペーンとして、1千円引きで利用できる。

体験の問い合わせは、同村 電話0879―75―2266。

宿泊は公営国民宿舎小豆島、公共の宿ふるさと荘、ファミリーロッジ、キャンプ場と様々な利用形態に対応。運動施設やホールも備え、スポーツ・ゼミの合宿での利用も多い。団体の昼食には公営国民宿舎小豆島が充実したメニューを用意している。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ