観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

二十四の瞳映画村も瀬戸内国際芸術祭会場に

作品展示でアートの風を

二十四の瞳映画村にも瀬戸内国際芸術祭の風が吹く。アート作品や割引入場、イベントで同村ならではの瀬戸内アートを楽しんでもらう。

清水久和さんによるモニュメント作品「愛のボラード」は駐車場の一角に展示されている。ボラードとは船を繋留するために岸壁にある柱のことで、「海からやってくるはずの『何か』に対して、見る者の想像力をかき立てる」そうだ。

愛のボラード

二十四の瞳映画村に展示されている
「愛のボラード」

また、今回の芸術祭では、消しかすアーティスト入江早耶さんも映画村内の一棟を利用して作品展示を行う。

2019年4月に開幕する瀬戸内国際芸術祭期間中、パスポート提示で同村入村料が500円に。瀬戸内アート紀行の立ち寄りにどうだろう。

芸術祭開催に先駆け、19年1月6日までは同村の「Gallery KUROgO」で「小豆島カメラ写真展」を開催中。島で暮らす7人の女性が撮影した島の景色、食、文化、人など、小豆島の生活を切り取った写真を展示している。島の人が発信する小豆島の世界はアートと楽しさを兼ね備えている。同ギャラリーでは3月23日―6月30日、新進気鋭の版画アーティスト増田将大さんの展示も決定しており、目が離せない。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ