観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

美酒から花火、結婚式 駒ヶ根周辺でイベント

駒ヶ根拠点に南信観光へ

駒ヶ根エリアでは夏から秋にかけて多彩なイベントが開催される。先陣を切るのは「山の日」イベント。

長野県が独自に7月第4日曜日に制定している「信州山の日」と、8月11日の国民の祝日「山の日」に、中央アルプスと南アルプスに囲まれた駒ヶ根市では登山イベントが開かれる。「信州山の日」の7月23日は「伊南三座巡り」第1弾として、宮田高原伊勢滝へのウオーキングツアー。黒川渓谷を歩き、標高1900メートルの地にある高さ20メートルの伊勢滝を目指す。湧き水「伊勢滝の水」を使ったコーヒーも。所要時間は約6時間。「山の日」の8月11日には、標高1761メートルの簫ノ笛山(しょうのふえやま)への登山に挑戦。現在登山道を整備中で、地元でも踏破経験がない人がまだ多い山だという。所要時間は8時間を見込む。

8月24日は、県内最大級の2尺玉を打ち上げる花火大会などが行われる「天竜かっぱ祭り」。天竜川に親しむイベントが多数予定されている。

天竜かっぱ祭り

天竜かっぱ祭りでは花火大会も

地ビール、ウイスキー、ワイン、日本酒、養命酒と多種多様な酒が製造されている駒ヶ根ならではのイベントが「中央アルプス山麓美酒フェスタ」。10月4日、市内商店街でソムリエや造り手と一献傾ける。辛党にはたまらない1日になる。

食材も豊富な駒ヶ根エリアを満喫できるのは11月10日に開催される「ONSENガストロノミーツーリズム」。宮田村、中川村、駒ヶ根市、飯島町の4市町村が連携し、地域の魅力をまるごと体感できるイベントだ。

千畳敷カールで行われる恒例の「中央アルプス純白の結婚式」は来年2月1日。雪のチャペルで挙行するロマンチックな結婚式で、標高2612メートルという日本最高所のロープウェイ駅を擁する千畳敷カールでの挙式は毎年話題に。現在カップルを募集しており、1組につき新郎新婦含む10人分のバス・ロープウェイ代金と挙式料が無料。応募は9月30日まで。

各イベントの詳細は駒ヶ根観光協会 電話0265―81―7700へ。

信州 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ