観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

立山黒部アルペンルート、4月15日に全通 「雪の大谷ウォーク」でシーズン開幕(1)

豪壮な冬山の美 6月22日まで開放

立山黒部アルペンルートは北アルプスを貫き、富山県立山町と長野県大町市間、全長約90キロを結ぶ。最大高低差は約2千メートルにもおよび、日本有数の山岳観光ルートとしての地位を確立している。今年は4月15日に全線が開通して本格的に観光シーズンが開幕。今年も壮大な自然美が旅人を癒しの世界へ誘う。

シーズン開幕を告げる春の恒例行事「雪の大谷ウォーク」は、今年で25周年。全線開通初日の15日から6月22日までの69日間にわたって開催される。標高2450メートルの立山室堂平に、道路を除雪することでできる巨大な雪壁「雪の大谷」が出現。最大で約20メートルの雪壁が約500メートルにわたって続く歩行者専用通路“雪の回廊”は世界有数の豪雪地帯ならではの豪壮な光景だ。一般的な観光バスの高さが約3メートル超ということからも、雪壁の圧倒的な高さがわかる。期間中はこの回廊を散策して、雪壁の迫力と美しさに自然の厳しさと神秘を感じたい。

雪の大谷

高さ約20メートルもの“雪の回廊”。
散策に例年多くの観光客が訪れる

近年は台湾を中心とした海外からの観光客が急増。同ウォーク実行委員会事務局の立山黒部貫光では今年は30万人の来訪を見込んでいるという。

立山黒部 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ