観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鳥羽市、パリで海女アピール

市長自らトップセールス

鳥羽市は、インバウンドの誘客を図ろうと、フランス・パリへ向け、海女文化をアピールする。10月には中村欣一郎・鳥羽市長が現地を訪れ、PRイベントに参加。日本遺産・海女文化が根付くまち鳥羽の魅力をトップセールスで伝える考えだ。

鳥羽市では、この事業の関連経費を今年度予算に800万円計上するなど、大きな意気込みをもってPRに臨む。渡仏には、中村市長のほか鳥羽市観光協会や海女ら約20人で一団を組織。トークショーイベントや現地旅行会社への訪問など精力的な活動を予定している。

フランスからの誘客は、文化や芸術に関心を持つフランス人の嗜好に着目。2018年に鳥羽市を訪れた外国人観光客のうち、フランスからは4番目に多く、鳥羽への興味は真珠であることがわかってきたことから、海女文化への興味も持ってもらえるだろうと判断してターゲットに選定した。

今年6月には、フランス、ドイツの公共放送スタッフを招き、9―10月に現地の人気旅番組で鳥羽の魅力を紹介する予定。海女漁や海女の神社参拝、“真珠王”御木本幸吉ゆかりの地などが紹介されるという。

三重鳥羽 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ