観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“最古の湯”愛媛道後の世界に浸かる

“最古の湯”愛媛道後の世界に浸かる

愛媛県松山市・道後温泉。日本三古湯としての歴史風情と良質な泉質を今に守りながら、現代の観光シーンに独自の存在感を放っている。昨年には新施設「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」がオープン。100年先をも見据えたまちづくりのひとつの軸となる施設の誕生で、まちの魅力は奥行きを増した。坊ちゃんの湯こと道後温泉本館、椿の湯に続く3つの温泉がそろい踏みし、温故知新の力で魅力を増す道後温泉が今、熱い。

飛鳥乃湯泉

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」お目見え(1) 待望の新温泉施設は「太古の道後」

18/02/22

聖徳太子来浴の飛鳥時代の趣を再現 道後温泉の新しい温泉施設「道後温泉別館・飛鳥乃湯泉」は2017年9月26日にオープン。聖徳太子が来浴したと伝わる道後の歴史から、飛鳥時代の建築様式を採り入れた歴史の趣に満ちた空間で、温泉は本館同様に源...

飛鳥乃湯泉

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」お目見え(2) 中庭「椿の森」完成で全パーツ整う

18/02/22

本館の皇室専用の浴室も再現 グランドオープンでさらに勢い 1階に開放的な男女大浴場と、本館にはない露天風呂を備え、源泉かけ流しの湯を楽しめる。大浴場には砥部焼による陶板壁画を壁面に配し、道後にまつわる和歌の風景を演出している。 ...

第4分湯場

道後支える「分湯場」 源泉見学室が登場

18/02/22

「湯の蔵」コンセプトに改修 多角度から道後の湯に迫る 道後温泉の良質な湯を支えているのが「分湯場」システムだ。湯を施設に集めて外湯や旅館ホテルに配湯。本館などへは高温泉と低温泉をブレンドし、加湿や加水をせず適温にして浴槽へ送っており、...

キティ浴衣

「キティ」コラボ浴衣とオリジナルスイーツ 大和屋本店、創業150周年で記念企画

18/02/22

温泉街散策に貴重な浴衣プラン スイーツはJALに採用 愛媛県道後温泉の旅館・大和屋本店は今年で創業150周年を迎え、様々な記念事業を展開、新たな魅力の発信に力をいれている。4月から始める、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とコ...

道後オンセナート

道後オンセナート、4月14日から開催 温泉街をアートで彩る

18/02/22

最古の湯と現代アートがつくる新しい道後 愛媛県道後温泉で4月14日、アートプロジェクト「道後オンセナート2018」がグランドオープンする。温泉街と旅館ホテルを舞台に、現代アートと古湯の伝統を融合し道後の新たな魅力を発信、14年以来4年...

秋山真之の企画展 坂の上の雲ミュージアム

18/02/22

2月27日から1年間 貴重な資料そろう 愛媛県松山市は司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」の舞台。作品を顕彰しまちづくりに生かす拠点施設「坂の上の雲ミュージアム」では、物語とその歴史を伝える展示が行われている。 2月27日から20...

今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ