観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

千歳近郊各市町をめぐる(1) 苫小牧・長沼

苫小牧市 魚介類とホッキカレーに舌鼓

千歳の海側、太平洋に面した海の玄関口・苫小牧市。世界的にも珍しい三重式活火山・樽前山やラムサール条約登録湿地指定のウトナイ湖など世界クラスの自然を有するほか、工業都市として大規模かつ美しい工場夜景も存在感を放つ。

そのほかの観光の魅力も多彩だ。ノーザンホースパークは日本最大の馬のテーマパーク。ポニーや余生を過ごす名馬たちの姿に大人も子どもも笑顔が絶えない。

食は当然魚介類が欠かせない。ホッキカレーは甘さと旨み十分のホッキ貝とカレーのコラボで今や苫小牧の食の代名詞に。「ぷらっとみなと市場」は「苫小牧沖で獲れないものはない」と言われるほど豊富に水揚げされる魚介類が並び、安価に購入できる。

ホッキカレー

苫小牧を代表する地元食
「ホッキカレー」はホテルや食事処で

長沼町 名水とジンギスカン

千歳エリア最北、長沼町。馬追(まおい)丘陵が町の中心的存在で、丘陵は野鳥や樹木など自然の見どころに、麓にも湧水・長沼の名水や温浴施設など魅力が溢れる。

「ながぬま温泉」は毎分1150リットルもの湯量を源泉かけ流しで堪能できる。別棟の物産館では地元名物、町内三大味付けジンギスカンの食べ比べメニューが人気を集めている。

町内三大味付けジンギスカン

ジンギスカン食べ比べ

夏は「ながぬまマオイオートランド」でキャンプがおすすめ。田園風景のなかでのどかなアウトドアを楽しみたい。利用者にはながぬま温泉の半額助成金も付く。

北海道千歳 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ