観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

白浜の夏はイベント充実 白良浜で夜は花火、昼は「埋蔵金探し」

夏休みを鮮やかに楽しく彩る

夏の和歌山県といえば、まず思い浮かぶのが白浜温泉の風景。白良浜の美しい砂浜と青い海のイメージは強烈だ。温泉という強力な武器を兼ね備え、老若男女、多くの海水浴客、観光客が訪れる。夏休みはその楽しみがイベントで増幅。ファミリーやカップル、グループの旅の思い出を一層深いものにしてくれる。

白良浜

海水浴客で賑わう白良浜

夏休みの前半戦は、夜のお楽しみ「花火」。7月30日の「白浜花火フェスティバル」。白良浜沖合から花火を打ち上げ、流れる音楽とのハーモニーで白浜の夜に感動の彩りを添える。水面に映る鮮やかな花火の姿もまた華やかだ。時間は20時からの40分間。

「白浜花火大会」は8月10日に開催。早打ち、スターマイン、仕掛け花火など花火を連発して、白良浜一帯を色とりどりに染め上げる。露店も多く並び、昨年は約15万人が来場。白浜の夏一番のビッグイベントだ。20時にスタートし、約1時間にわたり幻想と興奮の時間は続く。

白浜花火

花火が夜空と海面を華やかに染める

夏休みの終盤を飾るイベントが8月24―26日の「熊野水軍埋蔵金探し」。白浜に古くから伝わる熊野水軍の伝説をもとにしたゲーム大会で、例年多くの人が参加する人気イベントになっている。その昔、嵐で難破した熊野水軍の船が白良浜に打ち上げられ、船の修理を待つ間、多くの宝物を白良浜に隠したという言い伝えにちなんで、白良浜には埋められた「宝」を探す。例年多くの参加者が必死に砂浜を掘り、大盛り上がり。時間は10―15時。無料。

和歌山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ