観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

月山富田城来城の証に「御城印」/安来

山城観光の魅力アップに

安来市観光協会は今春から、月山富田城跡へ来城した証として「御城印(ごじょういん)」の販売を始めた。9月の全国山城サミット安来大会や戦国尼子フェスティバル開催に向け、山城観光の魅力アップのひとつの素材としてアピールしていく。

御城印は昨今、若者にも人気の寺社参拝時に得られる「御朱印」に着想点を得て企画。地元伝統工芸品の広瀬和紙を使い、「富田城」の筆文字と尼子氏などゆかりの城主の家紋や名将・山中鹿介のシルエットをあしらっている。

御城印

月山富田城跡の「御城印」には
山中鹿介の姿も

同城跡ゆかりの富田八幡宮の祈祷済み。同城跡近隣の市立歴史資料館と広瀬絣センターで販売している。登城記念にぜひ手に入れたい。1枚300円。

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ