観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

山陰DC、今夏展開 島根、鳥取で多彩な特別企画

「わすれがたき山陰」を体感 7―9月開催

JRグループの大型観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン(DC)」は7―9月、鳥取、島根両県を舞台に展開。各地でこの期間限定の特別企画や旅行商品を用意。地域一体の取り組みで観光素材に磨きをかけ、山陰の魅力を全国に発信、山陰ならではの夏旅を演出する。

DCのキャッチフレーズは「Nostalgic San`in わすれがたき山陰」。自然や歴史、文化、神話、素朴な人情など、山陰エリアに広がる“日本の原風景”の表情を旅行者に感じ取ってもらう。今年は鳥取県で大山開山1300年祭、島根県松江市で松平不昧公200年祭もあり、これらとのコラボでも盛り上げを図る。

大山

今年開山1300年を迎えた大山。
山麓地域では記念事業を展開する

DCでは7つのテーマを設け、山陰に漂うノスタルジックなムードを感じられる旅へ誘う。

「おもむき」は、鳥取では日南町での7月のヒメボタル奇跡の生息地観賞ツアーや北栄町の日本海漁火鑑賞プラン、島根では隠岐・知夫里島での星空観察と漁火鑑賞など日本の原風景を感じる旅。「うつろい」は鳥取市の国重文・仁風閣モーニングツアー、安来市の清水寺での座禅体験・精進料理クーポンなどで歴史を体感してもらう。

「ときめき」では浜田市の水族館アクアスでのシロイルカトレーニング見学ツアーや米子市の米子がいな祭り・大花火大会の招待観覧席など体験や祭りで夏の遊びを提案。「えにし」は日本遺産であるたたら文化に触れるガイドツアーや、智頭町での新田人形浄瑠璃の特別公開で地域に根付く魂に触れる。

「いざない」では伝統の石見神楽など各地の神事を、「あじわい」は松江・出雲・安来で縁結びスイーツや縁結びパスポートで地元グルメを堪能、「たしなみ」は倉吉市で白壁土蔵群を浴衣でまち歩きなど地域文化を肌で感じてもらう。

鉄道での旅も山陰のノスタルジー紀行の魅力。山陰本線・鳥取―出雲市間に新しい観光列車「天地―あめつち」が7月1日にデビュー。「ネイティブ・ジャパニーズ」をコンセプトに、山陰の海と空をイメージした紺碧の外装、地元の工芸技術をあしらった車内で山陰の古くて新しい旅を演出する。11月までは土日曜を中心に運行。山陰内の特急・普通列車が3日間乗り放題の「山陰3デイパス」も用意する。

あめつち

山陰本線にデビューする観
光列車「あめつち」
(イメージ)

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ