観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

島人が勧める“とって隠岐”(3) 隠岐の夕陽は音がする

隠岐の超有名人が話す、国賀海岸との“対話”

「隠岐の夕陽は音がする」と真顔で話す大西和彦さんに西ノ島を案内してもらった。島前、島後の小中学校で教師、校長を務め、知らない人はモグリという超有名人。

毎年秋にイカの大群が押し寄せる由良比女神社の浜。「イカ寄せ伝説」も残る不思議な自然現象が起こる。「オスとメスがつがいになって来る。先にメスを釣ると、オスは何とかメスを取り返そうと必死。だから両方取れる。逆はいかん。メスはさいなら〜ってオスを見捨てる。人間と一緒じゃ。がはは」。

国賀海岸が一望できる赤尾展望所。「昨日もここへ来た。隠岐汽船の船内で会った2人組の女性を案内した。名前も聞いてないけど、すごくきれいと喜んでくれたよ。がはは」。ここから鬼舞へ向かう途中、大西さんが管理する小屋に寄った。

尾根の上に建ち、見晴らしは抜群。「親戚が持っていた小屋を改装してね、後輩の教師を呼んでバーベキューをしたりしてるんよ」。玄関脇には「鬼舞塾」との看板が掲げられている。「新採の先生に研修の修了課題と言って、作らせたのがあれ」。トイレと物置を兼ねた離れがある。「男はともかく、女性はそこらで小便というわけにはいかんし。がはは」。「ここから国賀海岸の方を見てごらんなさい。水平線が山より高いでしょ。雄大な景色だろう」と、ご自身も雄大な大西さんはやさしい目をして隠岐を眺めるのだった。

大西和彦さん

大西さん自ら代表を務める「鬼舞塾」の表札

「今度は、この小屋に泊まりにきんさい。夕陽の音を聞いた後、海いっぱいの漁火が見られる。酒が美味くなるよ」

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
世界が認める孤高の島・島根隠岐へ 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ