観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

神社で感じる「大地」の力 隠岐ジオパーク推進協がマップ作成

「隠岐三ツ子の島」の歴史めぐる

隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会が島前・島後の神社マップを作成した。4島合わせて100社以上の神社があり、そのうち68社を神社の特徴を強調したイラストで紹介している。

隠岐は、古事記の国造り神話に「隠岐三ツ子の島」として登場するなど、神代から続く歴史豊かな島。平安時代に編さんされた「延喜式神名帳」に隠岐の神社が多数記載されており、神々に近い島として古くから認められていた。

ジオパーク推進協議会が神社マップを作成したのは、神社の所在する場所が「大地の成り立ち」「独自の生態系」「人の営み」というジオパークの理念をまさに表しているから。島後の壇鏡神社は、ジオサイトにも選ばれている壇鏡の滝を祀る。玉若酢命神社は、隠岐三大杉の一つ「八百杉」がご神木。西ノ島の焼火神社は、島前カルデラの中央火山口の焼火山の中腹に鎮座し、本殿は巨大な岩屋に抱かれて建つ。

焼火神社

巨大な岩屋に抱かれた本殿をもつ
西ノ島の「焼火(たくひ)神社」

同協議会の野邉一寛事務局長は「神社をめぐることで、隠岐ジオパークの一端を感じることができます。イラストマップを片手に隠岐の成り立ち、動植物の生態系、島の人々の暮らしと文化を味わってください」。

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
世界が認める孤高の島・島根隠岐へ 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ