観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

3年に一度の芸術祭 「越後妻有アートトリエンナーレ」18年7―9月開催

今秋は「大地の芸術祭」、冬は雪花火

十日町市と津南町の里山や集落を舞台に3年ごとに開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が、2018年7月29日―9月17日の51日間開催される。約200の集落に作品を散在させ、アートを道しるべに里山を巡る旅を定着させた大地の芸術祭も次回が7回目。同様の取り組みが各地に広がっている。

今年10月28日から11月12日までの土休日の7日間、「大地の芸術祭2018」で展示される新作の先行公開もある秋の芸術祭が開かれる。廃校作品でのパフォーマンスやワークショップ、新米を楽しめるイベントも用意した。作品めぐりができる共通チケットは大人2千円、小中学生500円。越後妻有オンラインショップなどで販売している。

また、18年2月24日―3月11日に開催される冬のプログラム「SNOWART2018」は、メーンイベント「越後妻有 雪花火」が3月3日にあてま高原リゾートホテルベルナティオで行われる。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ